安心できるから美味しい

そう言っていただける牛を育てることが私たちの仕事です。



金子ファームは青森県七戸町(しちのへまち)にある 肉牛の肥育牧場です。
八甲田山をのぞむ雄大な自然の中で、みんなで力を あわせて のびのび、おおらかに牛を育てています。
安心できるから美味しい、そう言っていただける牛を 育てる ことが私たちの仕事です。

 

金子ファームの牛たち

ホルスタイン種

オランダを原産地とする乳用種で、正式にはホルスタイン・フリーシアン種といいます。
日本では省略してホルスタイン種と呼ばれており、メスは牛乳を作るための牛ですが、オスは国産牛として肥育されます。
素牛は信頼できる牧場から導入して生産者同士、情報交換しながら雄大な自然の中で愛情こめて育てます。 月齢17ヶ月以上、出荷時体重700~800kgぐらいになります。
味はあっさりしてヘルシーな牛肉です。全国の量販店で購入できます。
>>牛の個体識別番号で検索できます。



 

交雑種(F1)The First Filyal genelation 雑種第一世代

異なった品種間の交配をして生まれた品種を、交雑種といいます。
おもに父:黒毛和種×母:ホルスタインで、2つの良いところを引継ぎ良質なお肉となります。毛色は黒で体型は筋肉質で締まっています。
素牛は信頼できる牧場から導入して生産者同士、情報交換しながら雄大な自然の中で愛情こめて育てます。牛の成長段階にあわせて餌の切替をし、月齢24ヶ月以上の出荷時で、体重700~750kgぐらいになります。
適度な霜降りで柔らかく、たくさん食べれる牛肉です。 全国の量販店で購入できます。
>>牛の個体識別番号で検索できます。>>牛の個体識別番号で検索できます。



 

黒毛和牛

日本古来の肉専用種。
黒毛和種のほか、褐毛和種、 無角和種、日本短角種の4種類の総名称が和牛です。
月齢26カ月以上体重700~750kg位になります。
オリジナル飼料を食べさせています。 肉質に優れ脂の風味がきわめてよく口どけが良い柔らかい牛肉です。



 

ジャージー種

イギリス領海峡諸島のジャージー島原産の牛の品種のひとつ。
濃厚なミルクで知られるジャージー牛は乳牛として飼育しています。
搾乳したミルクはすべて牧場内にある手づくりジェラート店NAMIKI で加工しております。



金子ファームオリジナルブランド

北海道をはじめ、健康な素牛を導入しエサの配合、健康管理まで当牧場が責任と愛情をもって育てた、純国産牛肉のブランドです。

素牛を生産している農場と連携を取り、エサや牛の健康管理についてお互いの情報交換をしながら、より安全でおいしい牛肉を生産できるように取り組んでおります。

健育牛
ナミキビーフ
ナミキ牛
ナミキ和牛

 


金子ファームのえさ

牛舎の目の前にそびえ立つ八甲田山の伏流水(ふくりゅうすい)と、自然できれいな空気に恵まれた環境で、愛情こめて育てています。

安全性の高い牛肉を作る上でもっとも大切なエサは、『金子ファームオリジナル配合飼料』を給与しています。
また粗飼料は、地元青森県産100%の信頼できる品質のものをたっぷりと給与しています。
与えている餌は配合飼料(トウモロコシ、大豆など)と、粗飼料(稲わら、デントコーン、牧草)です。
青森県内で取れた稲わらは、食べたい分食べさせてます。 稲わらはお腹を丈夫にしてくれます。

稲わら・・・お米を収穫した後に残る稲部分。

 

金子ファームの牛たちは、配合飼料(トウモロコシ、大豆などを中心に調合した穀物)と抗生物質を一切入れない飼料(ビタミン、ミネラル類の調合)と粗飼料と言われる稲わらを食べさせて風味豊かな美味しい牛肉になります。一般的なエサはモネンシンという添加物を入れています。 当社のエサには入れていません。


循環型畜産の取り組み

牛から排出される糞は良質な肥料となります。
金子ファームでは循環型畜産を目指し、自社の牛糞を使用して堆肥を作りデントコーン(家畜用とうもろこし) の栽培をしております。栽培された安全なデントコーンは牛たちの飼料となります。

 

 

平成20年度よりスタートした菜の花の循環

牛の堆肥を活用し、土づくりを行い健康な土に自家飼料(デントコーン)や菜の花を栽培しました。

栽培した菜の花畑からは花が咲くとハチミツを採取し、鑑賞後は菜種を収穫して圧搾法で「なたね油」を搾油しました。
菜種の絞りかすは、牛の飼料として、また活用されます。

 


施設の紹介

堆肥リサイクル施設

リサイクルした堆肥を 敷料として再利用し、その後完熟堆肥として地域 の皆様にも畑の肥料として使っていただいております。
 

 

畜魂碑

牛たちに感謝するとともに、命の尊さを再確認し牛の魂を供養しています。年に一度、畜魂祭を行っております。


ハッピーファーム

登録有形文化財 旧盛田牧場南部曲屋育成厩舎


旧盛田牧場は、明治17年の函館競馬開催後、アラブ馬を中心としたサラブレットも飼育する洋風牧場として設立されました。 南部曲屋育成厩舎は現存する最古の厩舎で、長大で豪壮な藁葺屋根が現在も牧場景観を伝えるものとして親しまれています。

馬頭観音堂(写真右)は牧場内の表参道南側に鳥居があり木立の中に奥殿、拝殿ともに祀られています。

所在地:青森県上北郡七戸町膝森4

平成25年8月 南部曲がり屋の茅葺屋根を修復しました。

厩舎内は見学していただくこともできます。
ご希望の方は、お声掛けしていただけますようお願いいたします。

金子ファームの遊覧トラクター♪

お花が咲く頃の季節に、『ジェラート店ナミキ』『牧場ごはんナラビ』の前で無料運行しています。
土・日・祝の不定期運行で、お天気の状況によりお休みさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

更新日:

Copyright© 金子ファーム , 2018 All Rights Reserved.