金子ファームについて

Message from the CEO

社長挨拶

有限会社 金子ファーム 
代表取締役社長

金子 春雄

平素は金子ファームの商品にご愛顧賜り、厚くお礼申し上げます。

少し私の半生にお付き合いください。私は青森県六ヶ所村の開拓地域で生まれ、幼少期は決して裕福な家庭ではありませんでした。そのような環境ですと、食べる物は何よりも価値のあるもののように思えました。農業高校を卒業し、地元に帰り3頭のホルスタイン牛から牧場を始めました。4年後、オイルショックに見舞われ牛の価格が暴落。200頭まで増やした牛を全て売却し廃業しました。

その後、起死回生で七戸町に引越し、また牧場にチャレンジしました。“時代はいつも変化する”よく言われますが、牛の世界も全く一緒で、生産環境は常に変化してきました。世界のグローバル化と共に年々広がっていくマーケット、多様なお客様のニーズ。ただ、いつも心がけるのは安定生産と”自分が家族に食べさせたい牛を生産する”事、そして牛への感謝です。

そのゴールはかわらず、40年牛と共に歩んできました。時代の波と歩調を合わせて、会社も少しずつ大きくなりましたが、それはあくまで結果です。基本は私たち人の”食べもの”を生産し、社会のインフラとして貢献する事、私たちにとって一番必要で大切な”美味しい食べ物”を安定的に生産し続ける事が時代が変わっても弊社の変わらない方針です。

「一切れの牛肉は金よりも価値がある時“も”ある」

命の尊さを忘れず、愛情込めて育てた当牧場の畜産物を、これからも皆様に愛していただけますよう。皆様の笑顔溢れる食を担えますよう努力し続けます。

Company

会社概要
会社名
有限会社 金子ファーム
代表取締役
金子 春雄
住所
〒039-2567 青森県上北郡七戸町鶴児平41
電話番号
0176-62-6393
FAX番号
0176-62-6915
事業内容
牛の肥育販売。堆肥の製造販売。その他付随する事業。
経営理念
自分たちが食べたいものを生産し、皆様にお届けする。
食品を生産する会社として、誇りを持ち仕事に取り組む。

History

沿革
1971年
1月設立。牛3頭から始める。
1974年
第一次オイルショックを受け全頭売却。同年に乳用種素牛生産を再開。
1975年
七戸町に移転。
1989年
見町牧場設立。
2005年
切田牧場設立
2006年
旧盛田牧場に、金子ファーム設立
2007年
堆肥を利用したデントコーン栽培に着手
2010年
8月4日、金子ファーム内に「手作りジェラートNAMIKI」オープン
金子ファーム酪農部門発足
2013年
金子ファーム内に「牧場ごはんNARABI」オープン
2017年
盛田牧場一号廏舎(南部曲屋育成廏舎)の茅葺き屋根の修復を完了。一般公開を始める
2018年
NAMIKIデーリィファームを、酪農部門の別会社として野辺地町に設立
2020年
盛田牧場一号廏舎(南部曲屋育成廏舎)を曲がり屋KANEKOとしてリフォーム完了

Awards

受賞歴
2009年
全国優良畜産 経営管理技術発表会 農林水産大臣賞受賞
2009年
全国優良畜産 経営管理技術発表会 農林水産大臣賞受賞
2009年
全国優良畜産 経営管理技術発表会 最優秀賞受賞
2009年
第二回青森堆きゅう肥品評会優秀賞
2010年
第18回 あおぎん賞受賞
2011年
第60回 全国農業コンクール 農林水産大臣賞受賞
2014年
東京食肉市場 第48回 全国肉用牛枝肉共励会 第2部去勢の部 最優秀賞
2016年
東京食肉市場 第50回 全国肉用牛枝肉共励会 第3部雌の部 最優秀賞
2019年
全畜連肉用牛枝肉共進会 (第一部黒毛和種雌牛の部) 農林水産大臣賞受賞
2020年
第32回横浜食肉市場ミートフェア 第2部去勢の部 名誉賞

Opening Hours

営業時間
10:30–17:00
無休 臨時休業あり
7 DAYS A WEEK
11:00–14:00 (L.O. 13:30)
水曜定休日
CLOSED WEDNESDAYS